「デザイナーではない人」にデザインを伝える本 Kindle版 アトオシとデザイン(永井弘人) PDF

「デザイナーではない人」にデザインを伝える本 Kindle版 – Un grand auteur, アトオシとデザイン(永井弘人) a écrit une belle 「デザイナーではない人」にデザインを伝える本 Kindle版 livre. Ne vous inquiétez pas, le sujet de 「デザイナーではない人」にデザインを伝える本 Kindle版 est très intéressant à lire page par page. Le livre a pages 390ページ. Je suis sûr que vous ne vous sentirez pas ennuyeux à lire. Ce livre étonnant est publié par une grande fabrication, pubisher. La lecture de la 「デザイナーではない人」にデザインを伝える本 Kindle版 fera plus de plaisir dans votre vie. Vous pourrez profiter de l’idée derrière le contenu. Télécharger 「デザイナーではない人」にデザインを伝える本 Kindle版 bientôt à votre ordinateur portable facilement.

Book's Cover of 「デザイナーではない人」にデザインを伝える本 Kindle版

「デザイナーではない人」にデザインを伝える本 Kindle版 – 【 Kindle Amazonランキング 2位獲得! 】(デザイン部門)————【 本書の「特長・目的」 】「デザイン思考」を「日本一、わかりやすく」知れる本。本書は、「『デザイナーではない人』にデザインを伝える」ための、「デザイン構築にまつわる、思考・解説・雑文・ストーリー」を書いた本です。これ1冊を読むと、「へぇー! こうやって、デザインってつくられてんだ。」「このデザイン思考は、わたしの仕事や日常にも生かせそう!」という感情をいだきます。つまり、「デザインやデザイナーに対する、新しい感度が芽生え、日常に生かせる発見がある」はずです!* 本書には、“意図した、R-15表現”がございます。苦手な方は、予めご了承の上、お読みいただけると幸いです。————【 本書の「収録ラインナップ・内容」 】■ 収録_01 : デザインを取り入れた、クライアントの背景にあるストーリー■ 収録_02 : ほんのちょっと役立つだろう、デザインの話■ 収録_03 : 日常とデザインを拡げる雑文集■ 収録_04 : やりたいことを形にする、遠回りの出世術。〜グラフィックデザイナー アトオシとデザインの場合〜「デザインを取り入れた、クライアントの背景にあるストーリー・エッセイ」の他、日頃、私が書いている、「役立つ、デザイン・デザイナーの話」、「日常とデザインを拡げる雑文集」から、反響の多かった人気記事を抜粋し、“ベスト版の読み物”として1冊にまとめました。さらに! note有料記事(880円相当!)「やりたいことを仕事にする、遠回りの出世術。」も収録。クライアントさんとのつながりゼロから独立し、どうやって仕事をいただき、デザイン誌に載り、デザイン賞受賞に至ったか。試行錯誤して進んできた、リアルな著者の走り方を紹介!—■ 本文は横書き表記、文字数は約82,000字です。(* 2020年7月3日、URL・プロフィール更新を行い、本文の改行調整をしたので、とても読みやすくなりました!)■ 本文のサンプルPDFは、 atooshi.com/dl/sample_th.pdf よりご確認・ご覧いただけます。————【 本書の「コンセプト・著者の想い」 】はじめまして。グラフィックデザイナーの「アトオシとデザイン」と申します。突然ですが、私のモットーは、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える。」です。これは、■ “デザイナーではない人”に、「デザイン思考 = デザインの考えかた・コツ」を、「わかりやすく・おもしろく」伝えること。■ “デザインへの理解と共感”をつなげ、よりよい循環を生みだし、あらたな視点で、「日常をより豊かに」すごしていただくこと。……その方法の1つが、「想いの言語化」であると考え、本書をつくりました。—私が、デザイン業で独立した2011年。デザイナー同士で評価しあい、「『良い』とされたデザイン」が、デザイナーではない人(一般生活者の方)から、「何が『良い』かわからない」という声を聞き、“デザインの捉え方”に温度差があることを感じました。良いデザインこそ、デザイナーではない人に使ってほしい。共感してほしい。それには、まず、「デザイン思考の受け入れやすい雰囲気づくり」が重要だと考えました。—私は、一般生活者の方々、「個々のリアルな感情」を大切にしたいです。論理的に真面目一辺倒に、デザイン思考を伝え、相手が「わかって」も、「受け入れよう」とは思わないかもしれません。「まぁ、コイツが言うなら、ちょっとは受け入れてみようかな」……その感情は、発信する側の“日常視点と笑い”にあり、まずは、デザインを受け入れてもらう「雰囲気をデザイン」すること。この「『デザイナーではない人』にデザインを伝える本」をとおし、「よりデザインが生きる空気感」をつくります。—デザインは、“すでにデザイナーである人”だけのためにあるわけではありません。技術面だけでなく、何を大切にして、どういう姿勢でデザインをつくっているか。そういうメッセージを、「いまデザイナーではない人」にもわかりやすく、おもしろく伝える必要がある。—大事なのが、“教科書のような真面目さ”だけではダメということ。デザイン表現のように、言葉で遊んだり、例え方だって、もっと振り幅があるべきです。状況、環境、時代、そして、人。すべて、伝え方をフォーマット化なんてできない。その瞬間、ベストなやり方は変わってくる。“デザイナーではない人”にデザインを伝える。ときに真面目に、たまにエロく、ほぼくだらない。……あれ? それでは、本文でお会いしましょう!(本書「まえがき」より)————————【 本書の「収録内容の一部抜粋」 】 ■ 「デザインを取り入れた、クライアントの背景にあるストーリー・エッセイ」より 霞ヶ関どうぶつクリニック。長年、埼玉県霞ヶ関にある動物病院。上原先生のお父様がずっとやってきた。バトンタッチのタイミング、改装と共に、ロゴや診察券のデザイン一新を考える。  動物病院ロゴには、犬・猫シルエットをモチーフにしたのものが多く、ここをどのように差別化するか悩んでいた。地域らしさ、自分らしさ、やさしさを与えたい。そんな想いが一番だ。これからもずっとこの場所でやっていく。そんな想いを形にするには。……—■ 「ほんのちょっと役立つだろう、デザインの話」より デザインの効果例として、オープンしたてのカフェが、「デザインを取り入れる目的」を書いてみます。カフェの1番の目的:「新しいお客さんを増やし、リピーターを増やしたい!」。その目的達成には、以下3点が大切です。 ・ まだ来店していない生活者に、「行きたい」と印象づけること。  ・ 一度来店した生活者に、「また来たい」と印象づけること。  ・ 一度来店した生活者に、「誰かに教えたい」と意識させること。……—■ 「日常とデザインを拡げる雑文」より “無理なく続けられること”と出会う。意識して、動くから、出会える。いいデザインをするには、生まれつきのセンスが必要だ、と言われたりしますが、ありゃちがう。センスは筋力だ。日々、トレーニングしていれば、誰でもセンスはつく。ただし。…………ってことは、「睡眠」に求められるって、嬉しいことなんじゃないか。そうだ、「睡眠」を「私が、どストライクなタイプの女子(金髪ショートカットで、普段敬語なのに、たまにタメ口になるタイプ)」として捉えてみよう。するとどうだろう。睡眠:「ねぇねぇ、仕事ばっかしてないで構ってよぉ。もぉ!」……—■ 「やりたいことを仕事にする、遠回りの出世術」より 独立時、私には「やりたいこと・目標」が、明確にありました。「01:個人から、デザイン依頼をいただく」「02:デザイン誌掲載や受賞し、評価される」「03:デザイン構築のノウハウを、形にして伝える」。  ……3つの目標は「振り幅ある、個人様からのご依頼」「書籍掲載、デザイン賞受賞」「デザイン入門書の執筆・出版」という形で達成。それでは、実際にどんなことをしたら、達成できたのか? リアルな体験談と、8つの気づきポイントをお伝えします。……————————【 著者「アトオシとデザイン」 プロフィール 】アトオシとデザイングラフィックデザイナーアドビ公式講師・東京デザイナー学院講師日本タイポグラフィ協会 正会員グッドデザイン賞受賞、日本タイポグラフィ年鑑ベストワーク賞(部門最優秀賞)受賞・入選、東京TDC賞入選、日本パッケージデザイン大賞入選、他多数受賞。著書「[新版] デザイナーになる!」執筆・出版(MdN・Amazon新着ランキング 1位獲得)、「アドビ Adobe デザイン講座」講師担当、「ラジオNIKKEI」インタビュー・取材出演、他多数出版・出演。本名、永井弘人(ながいひろと)。東京都生まれ。明治大学・東京デザイナー学院卒業後、デザイン会社2社(広告代理店/ブランドコンサルティング)を経て、2011年に「アトオシ」設立。「ロゴマークを軸とした展開。」というコンセプトにて、サービス・アプリ・商品・店舗・企業・コンテンツの「ロゴ制作・ブランディング」を中心とした、グラフィックデザインを行っている。また、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える。」をモットーに、メディア出演・書籍執筆などをとおし、「デザインの考えかた・コツ」を「日本一、わかりやすく・おもしろく」伝えている。————

Détails de 「デザイナーではない人」にデザインを伝える本 Kindle版

Titre du livre 「デザイナーではない人」にデザインを伝える本 Kindle版
Auteur アトオシとデザイン(永井弘人)
Catégorie デザイン, グラフィックデザイン (本), デザイン (Kindleストア), 彫刻・工芸 (Kindleストア)
Nom de fichier デザイナーではない人-にデザインを伝える本-kindle版.pdf
Taille du fichier 29.3 (La vitesse du serveur actuel est 23.34 Mbps