芥川龍之介全作品事典 (日本語) 単行本 – 2000/6/15 関口安義 PDF

芥川龍之介全作品事典 (日本語) 単行本 – 2000/6/15 – Le grand livre écrit par 関口安義 vous devriez lire est 芥川龍之介全作品事典 (日本語) 単行本 – 2000/6/15. Je suis sûr que vous allez adorer le sujet à l’intérieur de 芥川龍之介全作品事典 (日本語) 単行本 – 2000/6/15. Vous aurez assez de temps pour lire toutes les pages 680ページ dans votre temps libre. Le fabricant qui a sorti ce beau livre est 勉誠出版 (2000/6/15). Obtenez le 芥川龍之介全作品事典 (日本語) 単行本 – 2000/6/15 maintenant, vous ne serez pas déçu par le contenu. Vous pouvez télécharger 芥川龍之介全作品事典 (日本語) 単行本 – 2000/6/15 à votre ordinateur avec des étapes modestes.

Book's Cover of 芥川龍之介全作品事典 (日本語) 単行本 – 2000/6/15

芥川龍之介全作品事典 (日本語) 単行本 – 2000/6/15 – 芥川龍之介の全作品を対象とした事典。芥川龍之介の小説、小品、戯曲、アフォリズム、詩歌、紀行文、評論、随筆、翻訳等を項目として掲載。各項目は50音順に配列。各作品については初出、初刊本、全集、枚数、登場人物、典拠等の書誌と梗概、評価と展望、参考文献を掲載。ほかに未定稿・ノート編として作品編に収録しなかった作品を収録。巻末に50音順の作品名索引と実在人物の人名索引を付す。. 人々の関心がイデオロギーの制約を離れ、人間の内面に向かうにつれて、世界各国で芥川竜之介に熱い目が注がれるようになった。この現状を踏まえ、21世紀の芥川研究をも視野にいれて、全作品のあらゆる情報を集約した事典。. 「書誌」「梗概」「評価と展望」からなる画期的芥川事典! 全作品のあらゆる情報を集約し、二十一世紀の芥川研究を創造する作品研究、教材研究に不可欠の一巻。本事典は「より便利な、利用し易い事典」を合言葉に編集したもので、どのページからも何らかの知識を得られ、作品の再発見が可能となろう。

Détails de 芥川龍之介全作品事典 (日本語) 単行本 – 2000/6/15

Titre du livre 芥川龍之介全作品事典 (日本語) 単行本 – 2000/6/15
Auteur 関口安義
ISBN-10 978-4585060154
Date de sortie 2000/6/15
Catégorie 評論・文学研究, 人名事典 (本), 評論・文学研究の参考図書・書誌, ノンフィクション (本)
Nom de fichier 芥川龍之介全作品事典-日本語-単行本-2000-6-15.pdf
Taille du fichier 19.73 (La vitesse du serveur actuel est 20.07 Mbps