2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望 (日本語) 単行本 – 2019/11/14 落合 陽一 PDF

2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望 (日本語) 単行本 – 2019/11/14 – 2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望 (日本語) 単行本 – 2019/11/14 est le grand livre que vous voulez. Ce beau livre est créé par 落合 陽一. En fait, le livre a 352ページ pages. The 2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望 (日本語) 単行本 – 2019/11/14 est libéré par la fabrication de SBクリエイティブ (2019/11/14). Vous pouvez consulter en ligne avec 2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望 (日本語) 単行本 – 2019/11/14 étape facile. Toutefois, si vous désirez garder pour ordinateur portable, vous pouvez 2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望 (日本語) 単行本 – 2019/11/14 sauver maintenant.

Book's Cover of 2030年の世界地図帳  あたらしい経済とSDGs、未来への展望 (日本語) 単行本 – 2019/11/14

2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望 (日本語) 単行本 – 2019/11/14 – SDGs、GAFAM、中国、サードウェーブの世界を俯瞰しわかりやすく解説。小・中学生から大人まで、それぞれの2030年に向けてのビジョンを作るために必要なデジタル地政学の考え方とは。地図で「世界」の行方が見えてくる!. 落合陽一
メディアアーティスト。1987年生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)、博士(学際情報学)。筑波大学図書館情報メディア系准教授・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤代表・JST CREST xDiversity プロジェクト研究代表。大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授を兼務。2015年World Technology Award、2016年Prix Ars Electronica、EUよりSTARTS Prizeを受賞。Laval Virtual Award を2017年まで4年連続5回受賞、2019年SXSW Creative Experience ARROW Awards 受賞、2017年スイス・ザンガレンシンポジウムよりLeaders of Tomorrowに選出されるなど、国内外で受賞多数。専門は計算機ホログラム、デジタルファブリケーション、HCI および計算機技術を用いた応用領域(VR、視聴触覚ディスプレイ、自動運転や身体制御)の探求。個展として「Image and Matter(マレーシア・クアラルンプール、2016)」や「Imago et Materia(東京・六本木、2017)」、「落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」(東京・表参道、2018)」、「質量への憧憬(東京・品川、2019)」など展覧会多数。近著として『日本進化論』(SBクリエイティブ)、『デジタルネイチャー』(PLANETS)、写真集『質量への憧憬』(amana)など。. 落合/陽一
メディアアーティスト。1987年生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)、博士(学際情報学)。筑波大学図書館情報メディア系准教授・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤代表・JST CREST xDiversityプロジェクト研究代表。大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授を兼務。2015年World Technology Award、2016年Prix Ars Electronica、EUよりSTARTS Prizeを受賞。Laval Virtual Awardを2017年まで4年連続5回受賞、2019年SXSW Creative Experience ARROW Awards受賞、2017年スイス・ザンガレンシンポジウムよりLeaders of Tomorrowに選出されるなど、国内外で受賞多数。専門は計算機ホログラム、デジタルファブリケーション、HCIおよび計算機技術を用いた応用領域(VR、視聴触覚ディスプレイ、自動運転や身体制御)の探求(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 【9刷、12万部突破のベストセラー!】落合陽一がはじめて世界と未来について語る 2030年の世界を見通すSDGs。これから2030年までに何が起こるのだろう。 未来を予測するためのデータには、様々なものがありますが、ひとついえるのは、これからの社会は今までとは全く違ったルールによって営まれるということ。 現在の世界はどうなっているのか、これから世界はどこに向かっていくのか。 SDGsの枠組みを借りながら、世界の問題点を掘り下げると同時に、今起こりつつある変化について語ります。 ●テクノロジー×地政学でみる世界の勢力図 GAFAMによる世界支配を推進するアメリカ、一帯一路で経済圏を拡大しようとする中国、SDGsやパリ協定を通じてイニシアチブを発揮しようとするヨーロッパ、未開拓の市場で独自のイノベーションを生み出すサードウェーブ(インド・アフリカ)。多様化する世界を紐解けば、それぞれの地域に独自の戦略が根づいていることが見えてきます。ニュースをひとつとってみても、まったく違う視点で世界をとらえられるようになるはずです。 ●一目で状況がわかる「地図」 全編を通じて「地図」を多用し、世界の状況が一目でわかるようにしています。 また、池上彰先生、大阪大学の安田洋祐先生、経済産業省の宇留賀敬一氏の対談も収録!

Détails de 2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望 (日本語) 単行本 – 2019/11/14

Titre du livre 2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望 (日本語) 単行本 – 2019/11/14
Auteur 落合 陽一
ISBN-10 978-4797399950
Date de sortie 2019/11/14
Catégorie 世界の経済事情, 都市開発・都市問題 (本), 現代経済学
Nom de fichier 2030年の世界地図帳-あたらしい経済とsdgs-未来への展望-日本語-単行本-2019-11-14.pdf
Taille du fichier 21.92 (La vitesse du serveur actuel est 29.03 Mbps