京都三山石仏・石碑事典 (日本語) 単行本 – 2016/3/31 綱本逸雄 PDF

京都三山石仏・石碑事典 (日本語) 単行本 – 2016/3/31 – 京都三山石仏・石碑事典 (日本語) 単行本 – 2016/3/31 est le grand livre que vous voulez. Ce beau livre est créé par 綱本逸雄. En fait, le livre a 480ページ pages. The 京都三山石仏・石碑事典 (日本語) 単行本 – 2016/3/31 est libéré par la fabrication de 勉誠出版 (2016/3/31). Vous pouvez consulter en ligne avec 京都三山石仏・石碑事典 (日本語) 単行本 – 2016/3/31 étape facile. Toutefois, si vous désirez garder pour ordinateur portable, vous pouvez 京都三山石仏・石碑事典 (日本語) 単行本 – 2016/3/31 sauver maintenant.

Book's Cover of 京都三山石仏・石碑事典 (日本語) 単行本 – 2016/3/31

京都三山石仏・石碑事典 (日本語) 単行本 – 2016/3/31 – 京都三山(北山・東山・西山)の主な歴史古道の山越え路・峠・山麓周辺を踏破。知られざる石仏・石碑・道標を網羅的に取り上げ、多数の図版とともに、その来歴を細かに検証する。受け継がれてきた「小さな歴史遺産」を見つめ直す旅。. 綱本逸雄(つなもと・いつお)
1941年生まれ。京都地名研究会会長。近畿大学理工学部卒。
著者に『京都盆地の災害地名』(勉誠出版、2013)。共著に『京都地名語源辞典』(東京堂出版堂、2013)、『京都の地名検証1~3』(勉誠出版、2005~2010)、『日本地名学を学ぶ人のために』(世界思想社、2004)、『大阪地名の謎と由来』(プラネットジアース、2008)、『奈良の地名由来辞典』(東京堂出版、2008)、『京の歴史・文学を歩く』(勉誠出版、2008)、『日本地名ルーツ辞典』(創拓社、1992)、『語源辞典植物編』(東京堂出版、2001)ほか。. 綱本/逸雄
1941年生まれ。京都地名研究会会長。近畿大学理工学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 受け継がれてきた「小さな歴史遺産」を見つめ直す旅 京都三山(北山・東山・西山)の主な歴史古道の山越え路・峠・山麓周辺を踏破。知られざる石仏・石碑・道標を網羅的に取り上げ、多数の図版とともに、その来歴を細かに検証する。 *京都三山とは… 北山・東山・西山をいう。 三山が文献に登場するのは平安造都以後であり、それらの山域は当時から変遷があり拡大されてきた。 現在の地名でいうと、北山は丹波山地一帯を指し、東山は京都市の鴨川以東の比叡山から稲荷山までの山地の総称とする。西山は京都盆地の西に連なる山の総称。現在は高雄山、愛宕山、嵐山を北端とし、乙訓郡大山崎町の天王山に終わる山々をいう。

Détails de 京都三山石仏・石碑事典 (日本語) 単行本 – 2016/3/31

Titre du livre 京都三山石仏・石碑事典 (日本語) 単行本 – 2016/3/31
Auteur 綱本逸雄
ISBN-10 978-4585221364
Date de sortie 2016/3/31
Catégorie 日本史, 人名事典 (本), 京都歴史散策, 日本史一般の本
Nom de fichier 京都三山石仏-石碑事典-日本語-単行本-2016-3-31.pdf
Taille du fichier 26.11 (La vitesse du serveur actuel est 25.23 Mbps