仙厓(せんがい) 無法の禅 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/12 玄侑 宗久 PDF

仙厓(せんがい) 無法の禅 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/12 – Le téléchargement de ce bel 仙厓(せんがい) 無法の禅 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/12 livre et le lire plus tard. Êtes-vous curieux, qui a écrit ce grand livre? Oui, 玄侑 宗久 est l’auteur pour 仙厓(せんがい) 無法の禅 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/12. Ce livre se composent de plusieurs pages 127ページ. PHP研究所 (2015/6/12) est la société qui libère 仙厓(せんがい) 無法の禅 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/12 au public. 2015/6/12 est la date de lancement pour la première fois. Lire l’仙厓(せんがい) 無法の禅 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/12 maintenant, il est le sujet plus intéressant. Toutefois, si vous ne disposez pas de beaucoup de temps à lire, vous pouvez télécharger 仙厓(せんがい) 無法の禅 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/12 à votre appareil et vérifier plus tard.

Book's Cover of 仙厓(せんがい) 無法の禅 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/12

仙厓(せんがい) 無法の禅 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/12 – 「峻厳な青年僧」から「洒脱な和尚さん」へ―。活発・自在な「博多の仙〓(せんがい)さん」の境地とは。若き日からの葛藤と変遷をリアルに描く。. 福聚寺第35世住職、作家. 玄侑/宗久
昭和31年(1956)、福島県三春町生まれ。慶應義塾大学文学部中国文学科卒業後、さまざまな仕事を経験。その後、京都天龍寺専門道場に掛搭。現在、臨済宗妙心寺派福聚寺住職。僧職のかたわら執筆活動を行ない、平成13年『中陰の花』で芥川賞を受賞。平成26年には東日本大震災の被災者を描いた『光の山』(新潮社)で芸術選奨文部科学大臣賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 仙厓義梵(ぎぼん)といえば、飄逸な禅画と逸話で「博多の仙厓さん」と親しまれる江戸後期の禅僧。出光興産の創業者・出光佐三がその画風を深く愛し、コレクションしたことでも知られる。仙厓が、博多・聖福寺の住職になるのは40歳だが、それ以前の姿は詳しく伝わっていない。しかし作家にして僧侶の著者が住持する福島県三春町の福聚寺には、仙厓の筆による聯(れん)が残されているのだ。若き日の仙厓は、不遇な己れへの怒りを抱え、大飢饉に苦しむ東北を行脚していたらしい。各寺に残る画や墨蹟には、後年の洒脱で優しげな「仙厓さん」の面影はない。本書は、葛藤のなかで、峻厳な青年僧から洒脱な和尚さんとなる仙厓の境地について、若き日からの作風の変遷や、断片的な資料から考察し、著者ならではの見地から力強くせまっていく。仙厓の禅画を深く理解するうえで、貴重な道標となる好著。世に知られる代表作も多数収録され、眺めるだけで癒される。

Détails de 仙厓(せんがい) 無法の禅 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/12

Titre du livre 仙厓(せんがい) 無法の禅 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/12
Auteur 玄侑 宗久
ISBN-10 4569825168
Date de sortie 2015/6/12
Catégorie 文学賞受賞作家, 思想誌, 東洋・日本美術史, 芥川賞受賞(101-125回)作家の本
Nom de fichier 仙厓-せんがい-無法の禅-日本語-単行本-ソフトカバー-2015-6-12.pdf
Taille du fichier 28.49 (La vitesse du serveur actuel est 20.17 Mbps