日本近現代人物履歴事典 (日本語) 単行本 – 2002/5/1 秦 郁彦 PDF

日本近現代人物履歴事典 (日本語) 単行本 – 2002/5/1 – 日本近現代人物履歴事典 (日本語) 単行本 – 2002/5/1 est le grand livre que vous voulez. Ce beau livre est créé par 秦 郁彦. En fait, le livre a 575ページ pages. The 日本近現代人物履歴事典 (日本語) 単行本 – 2002/5/1 est libéré par la fabrication de 東京大学出版会 (2002/5/1). Vous pouvez consulter en ligne avec 日本近現代人物履歴事典 (日本語) 単行本 – 2002/5/1 étape facile. Toutefois, si vous désirez garder pour ordinateur portable, vous pouvez 日本近現代人物履歴事典 (日本語) 単行本 – 2002/5/1 sauver maintenant.

Book's Cover of 日本近現代人物履歴事典 (日本語) 単行本 – 2002/5/1

日本近現代人物履歴事典 (日本語) 単行本 – 2002/5/1 – 【時代を動かしてきた人物たちの足跡】 詳細な年譜的履歴! 近現代の日本で顕著な社会的活動歴をもつ人物の詳細な年譜的履歴を一覧できるわが国はじめての画期的な事典.対象となる人物は,政治・外交・経済・ジャーナリズム・社会・宗教・芸術・スポーツなどほぼ全分野にわたる.
〈刊行の辞〉  歴史は渦中にいて時代をリードした人物を切りはなしては論じられない.洋の東西を問わず,自伝,伝記が読まれるのはそのためだが,さらに人名辞(事)典や興信録のたぐいも数多く刊行され,利用されてきた. ペリー来航(1853)ないし明治維新(1868)を起点として現在に至る日本近現代史で活躍した人物を対象とする辞(事)典も少なくないが,大多数が履歴の要点を抜粋した略伝に主要な事績や若干の評価を付加した論述スタイルをとっている.収録者数をふやそうとすれば,叙述の長さを制限せざるをえないジレンマもある. 本書ではこうしたスタイルを避け,対象期間は同じだが,収録者数を抑えるかわり全分野から精選した対象者について,履歴をおおむね切れ目なくたどり,記録する年譜方式を採用した.また著作集,自伝,伝記は掲げたが,事績や評価は省いた.日付は原則として年月ベースとし,必要に応じ年月日を記載した.確実なデータを得られず,年のみにとどめたものもある.重要官職の任免日付を年月日まで確認したい場合は,『日本官僚制総合事典』(東京大学出版会,2001)を参照されたい. もっとも確度の高いデータを得られるのは発令行為が記録されている官吏(公務員)の公的履歴書,ついで自伝,伝記などに付された「年譜」であるが,官歴のない純民間人とくに社会運動家や浪人の場合は,本人の申し立てでも確度は必ずしも高いとはいえない場合がある.さらに近年,プライバシー保護の観念が高まってきたことにより,公的・半公的履歴書の入手が困難になっているが,諸方面の御支援を得て,ほぼ満足しうる程度のデータをそろえることができた.こうして収録した人数は3246人(うち生存者は約270人)である. 軍人については,『日本陸海軍総合事典』(東京大学出版会,1991)に主要な人物の履歴を収録してあるので,合わせて参照されたい.本書が日本近現代史研究に資することを願ってやまない(秦 郁彦).                                  . 本書に収録したのは、明治維新前後から2000年前後まで約150年にわたって活動した著名人物3246人の年譜スタイルによる略歴。全登載者を24の身分・職業分野に分け、カッコ内に代表的肩書を例示し、各分野内では50音順に配列した。分野の順序はおおむね硬→軟の順とした。人数の適正規模を考慮し、いくつかの分野に区分した. 明治維新前後から2000年前後まで約150年にわたって活動した各界の著名人物3246人の年譜スタイルによる略歴をまとめた事典。人名には読みがなを付し、出身地、生没年月日、家族関係、学歴、職歴などを記載。. 秦/郁彦
山口、昭和7年生れ。26年東京大学文科一類入学。31年東大法学部卒。31年大蔵事務官・為替局調査課。33年中国財務局管財部徴収課。33年同局理財部金融検査官。34年名古屋国税局直税部法人税課。35年同局調査査察部統括国税調査官付。35年経済企画庁経済研究所国民所得部国民支出課。36年同課専門調査員。37年同庁調整局貿易為替課専門調査員。38年大蔵事務官・大臣官房付。40年防衛庁部員・防衛局第一課。43年兼防衛庁教官・防衛研修所付。43年防衛庁教官・防衛研修所所員。44年大蔵事務官・理財局国有財産総括課課長補佐。45年大臣官房資料統計管理官付課長補佐。46年~50年戦後財政史編纂主幹。46年~47年兼国立国会図書館支部大蔵省文庫長。47年大臣官房調査企画課課長補佐。49年法学博士。50年大臣官房参事官。51年辞職。52年プリンストン大学大学院客員教授。55年~平6年拓殖大学政経学部教授。平1年ヘブライ大学客員研究員。5年菊池寛賞。6年~9年千葉大学法経学部教授。9年~14年日本大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

Détails de 日本近現代人物履歴事典 (日本語) 単行本 – 2002/5/1

Titre du livre 日本近現代人物履歴事典 (日本語) 単行本 – 2002/5/1
Auteur 秦 郁彦
ISBN-10 978-4130301206
Date de sortie 2002/5/1
Catégorie 本・図書館, 人名事典 (本), 百科事典・年鑑
Nom de fichier 日本近現代人物履歴事典-日本語-単行本-2002-5-1.pdf
Taille du fichier 24.7 (La vitesse du serveur actuel est 20.38 Mbps