遙かなる一九七〇年代-京都 学生運動解体期の物語の記憶 (日本語) 単行本 – 2017/11/4 松岡 利康 PDF

遙かなる一九七〇年代-京都 学生運動解体期の物語の記憶 (日本語) 単行本 – 2017/11/4 – Le téléchargement de ce bel 遙かなる一九七〇年代-京都 学生運動解体期の物語の記憶 (日本語) 単行本 – 2017/11/4 livre et le lire plus tard. Êtes-vous curieux, qui a écrit ce grand livre? Oui, 松岡 利康 est l’auteur pour 遙かなる一九七〇年代-京都 学生運動解体期の物語の記憶 (日本語) 単行本 – 2017/11/4. Ce livre se composent de plusieurs pages 300ページ. 鹿砦社 (2017/11/4) est la société qui libère 遙かなる一九七〇年代-京都 学生運動解体期の物語の記憶 (日本語) 単行本 – 2017/11/4 au public. 2017/11/4 est la date de lancement pour la première fois. Lire l’遙かなる一九七〇年代-京都 学生運動解体期の物語の記憶 (日本語) 単行本 – 2017/11/4 maintenant, il est le sujet plus intéressant. Toutefois, si vous ne disposez pas de beaucoup de temps à lire, vous pouvez télécharger 遙かなる一九七〇年代-京都 学生運動解体期の物語の記憶 (日本語) 単行本 – 2017/11/4 à votre appareil et vérifier plus tard.

Book's Cover of 遙かなる一九七〇年代-京都 学生運動解体期の物語の記憶 (日本語) 単行本 – 2017/11/4

遙かなる一九七〇年代-京都 学生運動解体期の物語の記憶 (日本語) 単行本 – 2017/11/4 – 本書は、学生運動解体期の一九七〇年代前半を京都(同志社大学/京都大学)で過ごし潰滅的に闘った者による渾身の“政治的遺書”である。簒奪者らによる歴史の偽造に抗し、学生運動解体期=一九七〇年代‐京都の物語と記憶をよみがえらせ“知られざる真実”を書き残す!. 松岡/利康
1951年生まれ。熊本出身。1970年同志社大学文学部入学。在学中、文学部自治会委員長(72年度)、第98回EVE(大学祭)実行委員長を務める。72年2・1同大学費闘争で逮捕・起訴され有罪判決。現在、鹿砦社代表

垣沼/真一
1950年生まれ。東京出身。1970年京都大学工学部入学。在学中、熊野寮でノンセクトの学生運動に関わる。72年2・1同大学費闘争に支援に行き逮捕される(不起訴)。現在、翻訳・コンサル業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 「俺は虚構を重ねることは許されない偽善だと思ったんだ、だってそうだろう、革命を戯画化することはできるが、戯画によって革命はできないからな。」(「創作夕陽の部隊」より)本書は、学生運動解体期の一九七〇年代前半を京都(同志社大学/京都大学)で過ごし潰滅的に闘った者による渾身の〈政治的遺書〉である。簒奪者らによる歴史の偽造に抗し、学生運動解体期=一九七〇年代ー京都の物語と記憶をよみがえらせ〈知られざる真実〉を書き残す! [構成][特別寄稿]『遙かなる一九七〇年代-京都』の出版にあたって 矢谷暢一郎第一章 遙かなる一九七〇年代-京都 松岡利康第二章 [創作]夕陽の部隊 橋田淳第三章 われわれの内なる〈一九七〇年代〉甲子園村だより 松岡利康第四章 七〇年代初頭の京大学生運動ーー出来事と解釈 熊野寮に抱かれて 垣沼真一

Détails de 遙かなる一九七〇年代-京都 学生運動解体期の物語の記憶 (日本語) 単行本 – 2017/11/4

Titre du livre 遙かなる一九七〇年代-京都 学生運動解体期の物語の記憶 (日本語) 単行本 – 2017/11/4
Auteur 松岡 利康
ISBN-10 978-4846312008
Date de sortie 2017/11/4
Catégorie 日本史, 思想誌, 昭和・平成, 日本史一般の本
Nom de fichier 遙かなる一九七-年代-京都-学生運動解体期の物語の記憶-日本語-単行本-2017-11-4.pdf
Taille du fichier 28.39 (La vitesse du serveur actuel est 24.56 Mbps