臨床現場に活かす! 非麻酔科医のための鎮静医療安全〜ガイドラインから多職種での訓練まで (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/13 羽場政法 PDF

臨床現場に活かす! 非麻酔科医のための鎮静医療安全〜ガイドラインから多職種での訓練まで (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/13 – Le téléchargement de ce bel 臨床現場に活かす! 非麻酔科医のための鎮静医療安全〜ガイドラインから多職種での訓練まで (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/13 livre et le lire plus tard. Êtes-vous curieux, qui a écrit ce grand livre? Oui, 羽場政法 est l’auteur pour 臨床現場に活かす! 非麻酔科医のための鎮静医療安全〜ガイドラインから多職種での訓練まで (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/13. Ce livre se composent de plusieurs pages 184ページ. 日本医事新報社 (2020/7/13) est la société qui libère 臨床現場に活かす! 非麻酔科医のための鎮静医療安全〜ガイドラインから多職種での訓練まで (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/13 au public. 2020/7/13 est la date de lancement pour la première fois. Lire l’臨床現場に活かす! 非麻酔科医のための鎮静医療安全〜ガイドラインから多職種での訓練まで (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/13 maintenant, il est le sujet plus intéressant. Toutefois, si vous ne disposez pas de beaucoup de temps à lire, vous pouvez télécharger 臨床現場に活かす! 非麻酔科医のための鎮静医療安全〜ガイドラインから多職種での訓練まで (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/13 à votre appareil et vérifier plus tard.

Book's Cover of 臨床現場に活かす! 非麻酔科医のための鎮静医療安全〜ガイドラインから多職種での訓練まで (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/13

臨床現場に活かす! 非麻酔科医のための鎮静医療安全〜ガイドラインから多職種での訓練まで (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/13 – 無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます). 駒澤伸泰(大阪医科大学医学教育センター 副センター長). 駒澤/伸泰
大阪医科大学医学教育センター講師・副センター長。2006年大阪大学医学部卒業。大阪大学医学部附属病院、宝塚市立病院、兵庫県立がんセンターなどで研修。2013年~大阪医科大学附属病院医療技術シミュレーション室副室長(同麻酔科学教室助教)。2015年ハワイ大学医学部SimTikiシミュレーションセンターに留学。資格、日本麻酔科学会指導医・専門医、日本緩和医療学会専門医、日本医学シミュレーション学会理事・教育開発部会長、日本ペインクリニック学会専門医、日本蘇生学会指導医、Certified Healthcare Simulation EducatoR(Society for Simulation in Healthcare公認)日本医学教育学会認定医学教育専門家。研究テーマ、シミュレーションを用いた多職種連携教育、鎮静安全管理、緊急時気道確保とその訓練(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). ●最新の鎮静医療安全の世界基準(ASA-SED2018)に準拠しています ●医学シミュレーション学会鎮静委員会の、「院内多職種連携を基盤とした鎮静トレーニング」のエッセンスを凝縮 ●診療科別の鎮静管理の実際も記載しました 【目次】 ●I 鎮静ガイドラインが示すもの 1 鎮静の目的を理解する 2 鎮静の危険性を理解する 3 鎮静の適応を理解する 4 鎮静ガイドラインを理解する 5 鎮静前の絶飲食を設定する 6 鎮静前の患者説明を設定する 7 鎮静前のリスク評価を行う 8 鎮静中の薬剤投与の原則を理解する 9 鎮静担当者の意義を理解する 10 鎮静中のモニタリングを理解する 11 鎮静終了時の注意点と退室基準を理解する 12 鎮静医療安全を各施設で構築する ●II 院内急変対応システムと鎮静 1 鎮静関連の院内急変対応システムを理解する 2 鎮静時の急変で救援依頼者と応援者の役割を理解する 3 過鎮静時の緊急対応の基本的な考え方を理解する 4 過鎮静による心停止時の対応を理解する ●III 鎮静時使用薬剤と各部署での鎮静管理の実践 1 主な鎮静薬とその注意点を理解する 2 主な鎮痛薬とその注意点を理解する 3 高齢者における鎮静薬投与を実践する 4 小児における鎮静薬投与を実践する 5 肝機能障害患者における鎮静薬投与を実践する 6 腎機能障害患者における鎮静薬投与を実践する 7 処置時鎮静における局所麻酔薬の意義と注意点を理解する 8 鎮静処置後の薬物動態を理解する 9 歯科鎮静を実践する 10 消化器内視鏡鎮静を実践する 11 気管支鏡鎮静を実践する 12 局所麻酔時の鎮静を実践する 13 放射線治療時の鎮静を実践する 14 小児MRIの鎮静を実践する 15 救急外来における鎮静を実践する ●IV 院内の鎮静医療安全向上の実践 1 国際認証における鎮静医療安全の位置づけを理解する 2 医療安全改善のための方策を実践する 3 鎮静医療安全向上の教育を実践する 4 多職種連携のための訓練を実践する 5 シミュレーションを用いた鎮静トレーニングコースを構築する 6 鎮静トレーニングコースの気道確保を実践する 7 薬剤シミュレーションを実践する 8 シナリオトレーニングを実践する 9 院内型鎮静トレーニングコースを実践する 10 院内鎮静トレーニングの学習目標を設定する ●巻末資料

Détails de 臨床現場に活かす! 非麻酔科医のための鎮静医療安全〜ガイドラインから多職種での訓練まで (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/13

Titre du livre 臨床現場に活かす! 非麻酔科医のための鎮静医療安全〜ガイドラインから多職種での訓練まで (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/13
Auteur 羽場政法
ISBN-10 978-4784949007
Date de sortie 2020/7/13
Catégorie 臨床外科, 麻酔科学・ペインクリニック (本), 臨床外科 (本)
Nom de fichier 臨床現場に活かす-非麻酔科医のための鎮静医療安全-ガイドラインから多職種での訓練まで-日本語-単行本-ソフトカバー-2020-7-13.pdf
Taille du fichier 24.42 (La vitesse du serveur actuel est 26.43 Mbps