スポーツ医療従事者のための本格フロッシング (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/20 スヴェン・クルーゼ PDF

スポーツ医療従事者のための本格フロッシング (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/20 – スポーツ医療従事者のための本格フロッシング (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/20 est le grand livre que vous voulez. Ce beau livre est créé par スヴェン・クルーゼ. En fait, le livre a 168ページ pages. The スポーツ医療従事者のための本格フロッシング (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/20 est libéré par la fabrication de ガイアブックス (2020/7/20). Vous pouvez consulter en ligne avec スポーツ医療従事者のための本格フロッシング (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/20 étape facile. Toutefois, si vous désirez garder pour ordinateur portable, vous pouvez スポーツ医療従事者のための本格フロッシング (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/20 sauver maintenant.

Book's Cover of スポーツ医療従事者のための本格フロッシング (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/20

スポーツ医療従事者のための本格フロッシング (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/20 – スポーツ医療従事者をはじめ、理学療法士、柔道整復師などボディケアのプロとして働く人たちに向けた、日本でも数少ない本格的な「フロッシング」を学ぶための適書。. 著者:スヴェン・クルーゼ(Sven Kruse)
DOSB-Sportphysiotherapie(ドイツオリンピックスポーツ連盟が認定するスポーツ理学療法)ライセンス保持者。「メディバイタルリハビリセンター」オーナー。ドイツアイスホッケーリーグ所属「イーザーローン・ルースターズ」医療部門長。1984年からエクアドル代表サッカーチームや「チーム・HTC-ハイロード(国際自転車競技連合の主催するUCIプロツアーに参加する自転車ロードレースチーム)」などトップアスリートのサポートを始める。
様々な分野の世界のトップアスリート、オリンピックチャンピオンのケアと治療をした理学療法士として表彰された経験も持つ。「イージーフロッシングコンセプト」の創始者。

協力:ヨハネス・エルメル(Johnnes Ermel)
1985年大学入学資格(アビトゥーア)取得。兵役代替奉仕活動として看護業務を行う(看護補助者)。1992年理療法士の資格取得。あわせてスポーツ学、哲学、社会学を大学で学び、修士号を取得。学業と並行して理学療法士として就職。
1993年に独立(筋骨格系疾患、顎関節症をおもに扱う)。独立後は徒手療法士として従事。その後、オステオパシーを学ぶ。
2003年よりフリーランスとしてThieme出版の仕事を開始(専門書の編集、執筆、レビュー)。N.A.P(. 神経整形外科的活動依存性可塑性)療法のアカデミーでモジュール1と2を学ぶ。

監修者:高平 尚伸(たかひら なおのぶ)
北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科理学療法学専攻教授、同大学院医療系研究科感覚・運動統御医科学群機能回復学およびリハビリテーション科学、臨床医科学群整形外科学教授。医学博士。専門は股関節外科、最小侵襲手術(MIS)、スポーツ医学、運動器リハビリテーションと運動解析、静脈血栓塞栓症、ロボット、同種骨・関節移植など。日本テニス協会医事委員、Japan women’s open tennis チーフフィジシャン、サッカーJリーグ柏レイソルメディカルアドバイザー、日本体育協会公認スポーツドクター。

翻訳者:長谷川 早苗(はせがわ さなえ)
独日翻訳者。訳書に、『脊椎の機能障害』、『メディカルヨーガ』、『筋筋膜トリガーポイント』、『筋肉テストブック』(以上ガイアブックス)、『続・善と悪の経済学 資本主義の精神分析』(共訳、東洋経済新報社)、『生きる意味』(興陽館)など。. クルーゼ,スヴェン
DOSB‐Sportphysiotherapie(ドイツオリンピックスポーツ連盟が認定するスポーツ理学療法)ライセンス保持者。「メディバイタルリハビリセンター」オーナー。ドイツアイスホッケーリーグ所属「イーザーローン・ルースターズ」医療部門長。1984年からエクアドル代表サッカーチームや「チーム・HTC‐ハイロード(国際自転車競技連合の主催するUCIプロツアーに参加する自転車ロードレースチーム)」などトップアスリートのサポートを始める。様々な分野の世界のトップアスリート、オリンピックチャンピオンのケアと治療をした理学療法士として表彰された経験も持つ。「イージーフロッシングコンセプト」の創始者

高平/尚伸
北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科理学療法学専攻教授、同大学院医療系研究科感覚・運動統御医科学群機能回復学およびリハビリテーション科学、臨床医科学群整形外科学教授。医学博士。専門は股関節外科、最小侵襲手術(MIS)、スポーツ医学、運動器リハビリテーションと運動解析、静脈血栓塞栓症、ロボット、同種骨・関節移植など。日本テニス協会医事委員、Japan women’s open tennisチーフフィジシャン、サッカーJリーグ柏レイソルメディカルアドバイザー、日本体育協会公認スポーツドクター

長谷川/早苗
独日翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 【フロッシング】とは、弾力性のあるラテックスバンドを関節や身体部位に一時的に巻きつける手法であり、バンドよる圧迫や巻き付けたままの自動運動、他動運動によって「痛みの軽減」「代謝の促進」「筋出力や可動性の向上」を目的としている。疼痛を抑え、患部の再生を促進しながらも復帰を考えるアスリートに必要なトレーニングは続けられるということで競技スポーツ選手などには古くから利用されてきたものである。 著者はスポーツ理学療法士として長年の間、アイスホッケー選手を中心とするアスリートの治療にあたっている。自身がトレーニングをしているときに感じた「ベルトやチューブを体に巻くことによって痛みが軽減できた」という経験から弾力性のあるラテックスを使い、正しく巻き、正しい圧迫することで痛みの軽減だけでなく筋出力や可動域の向上、再生の促進にも効果があることを明らかにし、現在の「イージーフロッシング」という治療メソッドを完成させた。 本書には、スポーツ選手以外にもさまざまな症状を訴える患者を数多く診てきた経験が盛り込まれ、イージーフロッシングを使うことで治療の効果がどれほど向上するかが示されている。 本書前半では、治療の対象となる結合組織、細胞外空間、筋膜系について最新の知見を紹介。その機能や作用が体に及ぼす影響に加え、フロスバンドの種類や巻く方向、その理由なども論理的に理解できる。 後半では、イージーフロッシングを実際にどのように用いるかをわかりやすく提示。フロスバンドの巻き方を伝える写真を多く掲載し、具体的な症例を挙げて実践的理解を助けている。 これは、理学療法士、柔道整復師などボディケアのプロとして働く人たちに向けた日本でも数少ない本格的なフロッシングを学ぶための適書である。

Détails de スポーツ医療従事者のための本格フロッシング (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/20

Titre du livre スポーツ医療従事者のための本格フロッシング (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/7/20
Auteur スヴェン・クルーゼ
ISBN-10 978-4866540191
Date de sortie 2020/7/20
Catégorie 臨床外科, スポーツ医学, スポーツ (本)
Nom de fichier スポーツ医療従事者のための本格フロッシング-日本語-単行本-ソフトカバー-2020-7-20.pdf
Taille du fichier 25.15 (La vitesse du serveur actuel est 24.81 Mbps