シンプルなロジックですぐできる 薬からの摂食嚥下臨床実践メソッド (日本語) 単行本 – 2020/8/28 野原 幹司 PDF

シンプルなロジックですぐできる 薬からの摂食嚥下臨床実践メソッド (日本語) 単行本 – 2020/8/28 – シンプルなロジックですぐできる 薬からの摂食嚥下臨床実践メソッド (日本語) 単行本 – 2020/8/28 est le grand livre que vous voulez. Ce beau livre est créé par 野原 幹司. En fait, le livre a 228ページ pages. The シンプルなロジックですぐできる 薬からの摂食嚥下臨床実践メソッド (日本語) 単行本 – 2020/8/28 est libéré par la fabrication de じほう (2020/8/28). Vous pouvez consulter en ligne avec シンプルなロジックですぐできる 薬からの摂食嚥下臨床実践メソッド (日本語) 単行本 – 2020/8/28 étape facile. Toutefois, si vous désirez garder pour ordinateur portable, vous pouvez シンプルなロジックですぐできる 薬からの摂食嚥下臨床実践メソッド (日本語) 単行本 – 2020/8/28 sauver maintenant.

Book's Cover of シンプルなロジックですぐできる 薬からの摂食嚥下臨床実践メソッド (日本語) 単行本 – 2020/8/28

シンプルなロジックですぐできる 薬からの摂食嚥下臨床実践メソッド (日本語) 単行本 – 2020/8/28 – 薬の視点からの摂食嚥下障害へのアプローチ方法を豊富な症例も含めて解説!この一冊で誤嚥性肺炎の予防&治療・摂食嚥下リハ・薬物療法(認知症、パーキンソン病、COPD、気管支喘息、脳卒中、etc.)・服薬管理のすべてがうまくいく!. ●この1冊で誤嚥性肺炎の予防&治療、摂食嚥下リハ・薬物療法(認知症、パーキンソン病、COPD、気管支喘息、脳卒中、 etc)・服薬管理のすべてがうまくいく! ●薬の視点からの摂食嚥下障害へのアプローチ方法を豊富な症例も含めて解説! 超高齢社会を迎えるわが国では、嚥下障害や誤嚥性肺炎患者が爆発的に増加しています。そのため、医療者は嚥下機能に影響を与える薬剤について評価し、嚥下機能の変化をチームでフォローしていく必要があります。本書は、嚥下障害や食支援を薬剤の視点から実践的に解説しました。「嚥下や食を考慮した処方」という臨床的アドバンテージが身に付く1冊です。 【目次】 序章 薬剤からみた嚥下障害〜その誤嚥性肺炎、薬剤が原因かも⁉〜 第1章 嚥下障害とは 第2章 高齢者の服薬の問題点 第3章 薬剤が嚥下に与える影響 第4章 誤嚥性肺炎への投薬―誤嚥と肺炎 第5章 疾患別の対応 1 アルツハイマー型認知症 2 レビー小体型認知症 3 パーキンソン病 4 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 5 気管支喘息 6 脳卒中

Détails de シンプルなロジックですぐできる 薬からの摂食嚥下臨床実践メソッド (日本語) 単行本 – 2020/8/28

Titre du livre シンプルなロジックですぐできる 薬からの摂食嚥下臨床実践メソッド (日本語) 単行本 – 2020/8/28
Auteur 野原 幹司
ISBN-10 978-4840753111
Date de sortie 2020/8/28
Catégorie 臨床内科, 消化器内科, 薬学 (本), 老年医学 (本)
Nom de fichier シンプルなロジックですぐできる-薬からの摂食嚥下臨床実践メソッド-日本語-単行本-2020-8-28.pdf
Taille du fichier 20.26 (La vitesse du serveur actuel est 27.13 Mbps