外国語を話せるようになるしくみ シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム (サイエンス・アイ新書) Kindle版 門田 修平 PDF

外国語を話せるようになるしくみ シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム (サイエンス・アイ新書) Kindle版 – Un grand auteur, 門田 修平 a écrit une belle 外国語を話せるようになるしくみ シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム (サイエンス・アイ新書) Kindle版 livre. Ne vous inquiétez pas, le sujet de 外国語を話せるようになるしくみ シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム (サイエンス・アイ新書) Kindle版 est très intéressant à lire page par page. Le livre a pages 211ページ. Je suis sûr que vous ne vous sentirez pas ennuyeux à lire. Ce livre étonnant est publié par une grande fabrication, pubisher. La lecture de la 外国語を話せるようになるしくみ シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム (サイエンス・アイ新書) Kindle版 fera plus de plaisir dans votre vie. Vous pourrez profiter de l’idée derrière le contenu. Télécharger 外国語を話せるようになるしくみ シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム (サイエンス・アイ新書) Kindle版 bientôt à votre ordinateur portable facilement.

Book's Cover of 外国語を話せるようになるしくみ シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム (サイエンス・アイ新書) Kindle版

外国語を話せるようになるしくみ シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム (サイエンス・アイ新書) Kindle版 – 仕事で、プライベートで、また海外でも日本国内でも、必要なときに英語がよどみなく口をついて出てくる。これを夢見ている人は多いと思います。しかし現実には、英語など外国語の習得は、私たち多くの日本人にとって、これまでずっと、克服困難な積年の課題です。
言語の習得をめぐる、隣接諸科学、たとえば言語学、音声学、認知心理学、認知科学、脳神経科学の発展には目を見張るものがあります。また、英語など外国語の学習についての第二言語習得研究も、特にここ十数年の間にめざましい進歩を遂げ、世界的に数々の研究成果が出されています。言語習得について、これらの領域の成果を集約したのが、本書で提案している「インプット処理」「プラクティス」「アウトプット産出」「モニタリング」の4つのポイントです。
他方、インプット音声をひたすら復唱するシャドーイングは、通訳、特に同時通訳のトレーニングとして、一部の学校や関係者により、熱心に実践されてきました。それが、近年さまざまなトレーニング本が刊行されるようになり、一般に広く注目されるようになりました。最近では、さまざまな大学、高等学校の英語クラスで実施されようになっています。
しかし、実のところ、シャドーイングが、英語など外国語の習得に効果があることを、学習者向けに、きちんと科学した(科学的に明らかにした)書籍はこれまでまず見当たりません。
本書は、外国語習得の上記4つのポイントのそれぞれにシャドーイングが非常に効果的であることを、科学的な研究成果(実証データ)をもとに示しています。そして可能な限り、外国語を話せるようになるしくみを明らかにしたいと思います。
以上のような科学的な実証データにもとづいた学習方法は、ほとんど「王道」と言って差し支えないでしょう。この学習方法を実践することで、実は誰にでも、英語、その他の外国語をすらすらと話せるようになりたいという夢は、実現できると考えます。本書が、みなさんの夢の実現になんらかのかたちで資するものであれば、著者としてこの上ない歓びです。
–このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。. 門田修平(かどた しゅうへい)
関西学院大学法学部教授、関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科教授。博士(応用言語学)。専門分野は心理言語学、応用言語学、第二言語習得など。特に第二言語としての英語の知覚・処理そして記憶・学習の心的メカニズムについて研究しており、その成果を英語の学習・教育に応用した著書をこれまでも数多く出版している。
–このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。. 外国語は科学的に学習すれば誰でも話せる※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。外国語習得を成功に導く4つの要素があります。「インプット処理」「プラクティス」「アウトプット産出」「モニタリング」です。また、これら4つの要素を支え、学習を促進するのが「シャドーイング」です。本書は、シャドーイングの効果を科学的根拠とともに解説し、その学習方法を提案しています。これまで徒労に終わることが多い外国語習得。科学的に理解して実践すれば誰もが英語が話せる、そんな夢が実現できるのです。そのために本書は、効率のよい外国語習得の理論と実践法を科学的データに基づいて提供します。●目次はじめに序章 なぜわたしたちは外国語をうまく話せないのか? 外国語をマスターするのはなぜ難しい? コミュニケーション能力とは?:文法能力から心理言語学能力まで ほか第1章 まず必要なインプット処理 第二言語習得の基本問題  多読・多聴とグレイデッドリーダーおよびレベル別リーダーの活用 ほか第2章 「知っている」から「使える」へ変えるプラクティス 3段階記憶からワーキングメモリへ:記憶モデル 顕在記憶から潜在記憶への変貌:プラクティスがポイント ほか第3章 スピーキングに必要なプロセス 音声英語の特徴 言い間違い(スピーチエラー) ほか第4章 シャドーイングによるアウトプット産出への効果 復唱のルート:伝導失語をベースにしたモデル シャドーイングのアウトプット効果:音声化段階 ほか第5章 外国語学習に必須のモニタリング能力 はじめに:メタ認知とは? メタ認知にはどのようなものがあるか:知識・モニタリング・コントロール ほか第6章 シャドーイングの効果的な実践方法 シャドーイングの学習ステップ シャドーイング学習の留意点 ほか終章 100万語シャドーイングのすすめ 本書のまとめ 100万語シャドーイングのすすめ 最後に固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。■使用できない機能・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用■推奨環境・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

Détails de 外国語を話せるようになるしくみ シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム (サイエンス・アイ新書) Kindle版

Titre du livre 外国語を話せるようになるしくみ シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム (サイエンス・アイ新書) Kindle版
Auteur 門田 修平
Date de sortie 2018/5/15
Catégorie 英語, その他の外国語関連書籍, サイエンス・アイ新書, 英語 (Kindleストア)
Nom de fichier 外国語を話せるようになるしくみ-シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム-サイエンス-アイ新書-kindle版.pdf
Taille du fichier 28.54 (La vitesse du serveur actuel est 28.15 Mbps