カール・マルクス: 「資本主義」と闘った社会思想家 (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2016/4/6 佐々木 隆治 PDF

カール・マルクス: 「資本主義」と闘った社会思想家 (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2016/4/6 – カール・マルクス: 「資本主義」と闘った社会思想家 (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2016/4/6 est le grand livre que vous voulez. Ce beau livre est créé par 佐々木 隆治. En fait, le livre a 263ページ pages. The カール・マルクス: 「資本主義」と闘った社会思想家 (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2016/4/6 est libéré par la fabrication de 筑摩書房 (2016/4/6). Vous pouvez consulter en ligne avec カール・マルクス: 「資本主義」と闘った社会思想家 (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2016/4/6 étape facile. Toutefois, si vous désirez garder pour ordinateur portable, vous pouvez カール・マルクス: 「資本主義」と闘った社会思想家 (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2016/4/6 sauver maintenant.

Book's Cover of カール・マルクス: 「資本主義」と闘った社会思想家 (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2016/4/6

カール・マルクス: 「資本主義」と闘った社会思想家 (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2016/4/6 – マルクスの理論はさまざまな悪罵を投げつけられてきた。だが、カール・マルクスその人の理論は、今なお社会変革の最強の武器であり続けている。本書は最新の文献研究からカール・マルクスの実像に迫り、その思想の核心を明らかにする。これまで知られてこなかった晩期マルクスの経済学批判のアクチュアリティが、今ここに甦る!. 佐々木/隆治
1974年生まれ。立教大学経済学部准教授。一橋大学社会学研究科博士課程修了、博士(社会学)。現在、MEGA(新マルクス・エンゲルス全集)の編集に携わり、『資本論』草稿や抜粋ノートの研究に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). この人を見よ。 最新の文献研究から迫る、全く新しいマルクス像 マルクスの理論はさまざまな悪罵を投げつけられてきた。だが、カール・マルクスその人の理論は、今なお社会変革の最強の武器であり続けている。本書は最新の文献研究からカール・マルクスの実像に迫り、その思想の核心を明らかにする。これまで知られてこなかった晩期マルクスの経済学批判のアクチュアリティが、今ここに甦る! 【著者略歴】 佐々木隆治(ささき・りゅうじ) 1974年生まれ。立教大学経済学部准教授。一橋大学社会学研究科博士課程修了、博士(社会学)。現在、MEGA(新マルクス・エンゲルス全集)の編集に携わり、『資本論』草稿や抜粋ノートの研究に取り組んでいる。著書に『マルクスの物象化論』(社会評論社、2011年)、『私たちは なぜ働くのか』(旬報社、2012年)、『マルクスとエコロジー』(共編著、社会評論社、近刊)など。 【目次】 第1章 資本主義を問うに至るまで[1818~1848年]――初期マルクスの新しい唯物論 第2章 資本主義の見方を変える[1848~1867年]――マルクスの経済学批判 第3章 資本主義とどう闘うか[1867~1883年]――晩期マルクスの物質代謝の思想

Détails de カール・マルクス: 「資本主義」と闘った社会思想家 (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2016/4/6

Titre du livre カール・マルクス: 「資本主義」と闘った社会思想家 (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2016/4/6
Auteur 佐々木 隆治
ISBN-10 978-4480068897
Date de sortie 2016/4/6
Catégorie 哲学・思想, 経済思想・経済学説 (本), ちくま新書, 西洋思想
Nom de fichier カール-マルクス-資本主義-と闘った社会思想家-ちくま新書-日本語-新書-2016-4-6.pdf
Taille du fichier 19.35 (La vitesse du serveur actuel est 25.77 Mbps