十津川警部「記憶」 (カドカワ・エンタテインメント) (日本語) 単行本 – 2004/11/1 西村 京太郎 PDF

十津川警部「記憶」 (カドカワ・エンタテインメント) (日本語) 単行本 – 2004/11/1 – Cherchez-vous des 十津川警部「記憶」 (カドカワ・エンタテインメント) (日本語) 単行本 – 2004/11/1. Savez-vous, ce livre est écrit par 西村 京太郎. Le livre a pages 201ページ. 十津川警部「記憶」 (カドカワ・エンタテインメント) (日本語) 単行本 – 2004/11/1 est publié par 角川書店 (2004/11/1). Le livre est sorti sur 2004/11/1. Vous pouvez lire le 十津川警部「記憶」 (カドカワ・エンタテインメント) (日本語) 単行本 – 2004/11/1 en ligne avec des étapes faciles. Mais si vous voulez le sauvegarder sur votre ordinateur, vous pouvez télécharger maintenant 十津川警部「記憶」 (カドカワ・エンタテインメント) (日本語) 単行本 – 2004/11/1.

Book's Cover of 十津川警部「記憶」 (カドカワ・エンタテインメント) (日本語) 単行本 – 2004/11/1

十津川警部「記憶」 (カドカワ・エンタテインメント) (日本語) 単行本 – 2004/11/1 – 東京郊外で若手カメラマンが誘拐されるという事件が発生。しかし犯人からの要求がないまま、三日後に彼は無事発見される。十津川警部が被害者の身元を調べると、二歳半のときに八王子の河原で発見され、その後養護施設で育てられたことがわかった。それ以前の彼の記憶は「SL、桜、二人の男女」という曖昧なものだった。十津川はこの三つが事件に関わる重要な鍵と睨み、捜査を開始する。そんな中、静岡・大井川鉄道で第二の事件が…。犯人の目的は一体何なのか?前代未聞の事件に、十津川の推理が冴え渡る!傑作トラベル・ミステリー。. 西村/京太郎
1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞受賞。トラベル・ミステリーで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 前代未聞の誘拐事件! 十津川の推理が冴える!! 東京郊外でカメラマンの誘拐事件が発生! 被害者の記憶に残る「桜、SL、男と女」というキーワード−−。十津川警部は大胆な推理を展開し、静岡県・大井川鐵道に向かうが……。

Détails de 十津川警部「記憶」 (カドカワ・エンタテインメント) (日本語) 単行本 – 2004/11/1

Titre du livre 十津川警部「記憶」 (カドカワ・エンタテインメント) (日本語) 単行本 – 2004/11/1
Auteur 西村 京太郎
ISBN-10 4047881694
Date de sortie 2004/11/1
Catégorie ミステリー・サスペンス・ハードボイルド, カドカワ・エンタテインメント, ミステリー・サスペンス・ハードボイルド (本)
Nom de fichier 十津川警部-記憶-カドカワ-エンタテインメント-日本語-単行本-2004-11-1.pdf
Taille du fichier 21.43 (La vitesse du serveur actuel est 27.91 Mbps