遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) Kindle版 太田博樹 PDF

遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) Kindle版 – Le grand livre écrit par 太田博樹 vous devriez lire est 遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) Kindle版. Je suis sûr que vous allez adorer le sujet à l’intérieur de 遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) Kindle版. Vous aurez assez de temps pour lire toutes les pages 322ページ dans votre temps libre. Le fabricant qui a sorti ce beau livre est 筑摩書房 (2018/5/10). Obtenez le 遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) Kindle版 maintenant, vous ne serez pas déçu par le contenu. Vous pouvez télécharger 遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) Kindle版 à votre ordinateur avec des étapes modestes.

Book's Cover of 遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) Kindle版

遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) Kindle版 – 近年、世界中の人類集団の遺伝子のバリエーションについて大規模な研究が数多くなされている。そうした中、中央アジアから東アジアにかけてチンギス・ハンの持っていたY染色体のタイプが爆発的に拡散しているという仮説が提起された。本書ではこの仮説を追うことを糸口として、遺伝子の研究方法から、人類の祖先の辿り方、進化と遺伝の捉え方まで、ゲノム時代にわれわれのルーツを追究する意義について、縦横無尽に解説する。 –このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。. 太田/博樹
1968年生まれ。東京大学大学院理学系研究科修了、博士(理学)。マックス・プランク進化人類学研究所、イエール大学の研究員、東京大学大学院新領域創成科学研究科の助教などを経て、北里大学医学部解剖学・准教授。専門は人類集団遺伝学・ゲノム人類学。国際分子生物進化学会でW.Fitch賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) –このテキストは、paperback_shinsho版に関連付けられています。. 近年、世界中の人類集団の遺伝子のバリエーションについて大規模な研究が数多くなされている。そうした中、中央アジアから東アジアにかけてチンギス・ハンの持っていたY染色体のタイプが爆発的に拡散しているという仮説が提起された。本書ではこの仮説を追うことを糸口として、遺伝子の研究方法から、人類の祖先の辿り方、進化と遺伝の捉え方まで、ゲノム時代にわれわれのルーツを追究する意義について、縦横無尽に解説する。

Détails de 遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) Kindle版

Titre du livre 遺伝人類学入門 ──チンギス・ハンのDNAは何を語るか (ちくま新書) Kindle版
Auteur 太田博樹
Date de sortie 2018/5/10
Catégorie 科学・テクノロジー, 生物・バイオテクノロジー (Kindleストア), ちくま新書
Nom de fichier 遺伝人類学入門-チンギス-ハンのdnaは何を語るか-ちくま新書-kindle版.pdf
Taille du fichier 22.39 (La vitesse du serveur actuel est 23.72 Mbps