身近な人が亡くなった後の手続のすべて(新訂版) (日本語) 単行本 – 2020/10/3 福田 真弓 PDF

身近な人が亡くなった後の手続のすべて(新訂版) (日本語) 単行本 – 2020/10/3 – Le téléchargement de ce bel 身近な人が亡くなった後の手続のすべて(新訂版) (日本語) 単行本 – 2020/10/3 livre et le lire plus tard. Êtes-vous curieux, qui a écrit ce grand livre? Oui, 福田 真弓 est l’auteur pour 身近な人が亡くなった後の手続のすべて(新訂版) (日本語) 単行本 – 2020/10/3. Ce livre se composent de plusieurs pages 232ページ. 自由国民社 (2020/10/3) est la société qui libère 身近な人が亡くなった後の手続のすべて(新訂版) (日本語) 単行本 – 2020/10/3 au public. 2020/10/3 est la date de lancement pour la première fois. Lire l’身近な人が亡くなった後の手続のすべて(新訂版) (日本語) 単行本 – 2020/10/3 maintenant, il est le sujet plus intéressant. Toutefois, si vous ne disposez pas de beaucoup de temps à lire, vous pouvez télécharger 身近な人が亡くなった後の手続のすべて(新訂版) (日本語) 単行本 – 2020/10/3 à votre appareil et vérifier plus tard.

Book's Cover of 身近な人が亡くなった後の手続のすべて(新訂版) (日本語) 単行本 – 2020/10/3

身近な人が亡くなった後の手続のすべて(新訂版) (日本語) 単行本 – 2020/10/3 – 葬儀や法要のこと、保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金の解約のこと、相続税のこと。実際に身近な方が亡くなって様々な手続にとりかからなければならない方、これからそのような場面を迎える可能性がある方に、いちばん身近な参考書として活用していただけるよう、この本を作りました。. *児島 明日美(こじま あすみ)
司法書士。東京司法書士会所属。簡裁訴訟代理等関係業務認定取得。公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート東京支部所属。2010年に独立開業。相続・遺言・成年後見等の業務を中心に「老活」サポートに力を入れている。

*福田 真弓(ふくだ まゆみ)
税理士・ファイナンシャルプランナー。2001年税理士試験合格。税理士法人タクトコンサルティング、野村證券プライベート・バンキング業務部などの勤務を経て2008年独立。
専門は相続と財産の管理承継。コンサルティング、講演、執筆などを通じ、お金や家族に振り回されない豊かな暮らしづくりの実現をめざしている。

*酒井 明日子(さかい あすこ)
社会保険労務士。東京都社会保険労務士会所属。
大手不動産会社に勤務した後、社会保険労務士資格を取得。人事労務関連のコンサルティング会社での勤務後、独立。労務に関する各種手続・申請や、就業規則の作成、労務相談・管理など、多くの企業のサポートを行う。

*児島 充(こじま みつる)[監修・執筆協力]
司法書士。神奈川県司法書士会所属。簡裁訴訟代理等関係業務認定取得。. 児島/明日美
司法書士。東京司法書士会所属。簡裁訴訟代理等関係業務認定取得。公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート東京支部所属。2010年に独立開業。相続・遺言・成年後見等の業務を中心に「老活」サポートに力を入れている

福田/真弓
税理士・ファイナンシャルプランナー。2001年税理士試験合格。税理士法人タクトコンサルティング、野村證券プライベート・バンキング業務部などの勤務を経て2008年独立。専門は相続と財産の管理承継。コンサルティング、講演、執筆などを通じ、お金や家族に振り回されない豊かな暮らしづくりの実現をめざしている

酒井/明日子
社会保険労務士。東京都社会保険労務士会所属。大手不動産会社に勤務した後、社会保険労務士資格を取得。人事労務関連のコンサルティング会社での勤務後、独立。労務に関する各種手続・申請や、就業規則の作成、労務相談・管理など、多くの企業のサポートを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 葬儀・法要から、健康保険、年金、相続手続、預貯金の解約、相続税、生前対策まで 備えておきたい いちばん身近な参考書 初版発行以来、70万人以上の方に手に取っていただいた本の「新訂版」です。 「配偶者居住権」「預貯金の払戻し制度」「手書きの遺言書の要件緩和」 「手書きの遺言書を法務局で保管する制度」「夫婦間の贈与と税金」など、 令和になって新しくできた制度や改正された制度を反映しました。 相続法の改正だけでなく、データや様式を最新に差し替え、 初版や新版についていただいた意見を基に「わかりやすく伝わりやすい言葉に」 という観点から、ほぼ全ページにわたって改訂を施しました。 期限に間に合うよう、二度手間にならないよう、様々な手続をわかりやすく整理。 いつまでに何をしなければならないか、手続の流れがしっかりわかります。 実際に身近な方が亡くなって様々な手続にとりかからなければならない方、 これからそのような場面をむかえる可能性がある方に、 いちばん身近な参考書として活用していただけけるよう、この本を作りました。

Détails de 身近な人が亡くなった後の手続のすべて(新訂版) (日本語) 単行本 – 2020/10/3

Titre du livre 身近な人が亡くなった後の手続のすべて(新訂版) (日本語) 単行本 – 2020/10/3
Auteur 福田 真弓
ISBN-10 978-4426126513
Date de sortie 2020/10/3
Catégorie 家事・生活の知識, 常識・マナー (本), 整理・収納, 社会・政治 (本)
Nom de fichier 身近な人が亡くなった後の手続のすべて-新訂版-日本語-単行本-2020-10-3.pdf
Taille du fichier 25.27 (La vitesse du serveur actuel est 18.12 Mbps